きゅん♡な本屋さん

今日は、すぐきを買うために河原町まで行ったので、先日オープンしたマルイへ寄ってみました。
くるくるくるっ~~~と上まで周った感想は、「若いなぁ・・・、あんまり用ないかも。。。」

でも6Fには、スタバとふたば書房が隣同士にあって、まだ買ってない本でも1冊持ち込み可、
コーヒー飲みながら読むことができます。
これ、ちょっと嬉しいかも♪

先日、ふたば書房河原町店が閉店になったのは、ここができたからでしょうか。




最近は、大きな本屋さんが増えて、小さい本屋さんが無くなってきています。
残念です。

小さい本屋さんは、それぞれにキャラが立っていて、まるで誰かの本棚を
覗いているような感じがして、わくわくするんです。
だいたい1冊ずつしか置いてなくて、店主イチオシの本のみ2冊とかね。

数年前に四条通の祇園町にあった「祇園書房」が閉店された時は、たいそうがっかりしました。
京都のめずらしい本やお料理の本がたくさん揃っていて、あの本屋さん大好きだったんです。
その跡がコンビ二になった時には、「京都の先行きもあぶないわー」と思いました。
コンビ二があれば本もとりあえずは、間に合うのでしょうかねぇ。

「三月書房」「一乗寺恵文社」「ガケ書房」など、きゅん♡な本屋さん、がんばっておくれやすぅ!

by fumiyomal | 2011-05-08 22:18 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://fumiyomal.exblog.jp/tb/14743049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]