カテゴリ:ふみよ丸の本棚( 9 )

空と自動車☆

e0232776_1254922.jpg

短歌好きな人から、この本を頂きました。

『次々に 走り過ぎゆく 自動車の
 運転する人 みな前を向く』

〜空と自動車より抜粋〜

「あ! ほんまや !!」

続きを読む

by fumiyomal | 2014-02-08 13:18 | ふみよ丸の本棚 | Trackback | Comments(0)

司馬デビューは竜馬

私が初めて出会った司馬遼太郎さんの作品は
「竜馬がゆく」でした。

高校生の時、
父の書斎にあるのを見つけて。

「ぷぷぷっ」

竜馬の言動が面白くて、
何度も吹き出しながら読みました。

面白くて、 面白くて、
あっという間に全巻読了。

夜中に読み終えたのに、

じゅわぁ~~ん (☆_☆) )))))) と、
竜馬の世界に入り込んで、

朝まで寝られなかった 。

by fumiyomal | 2012-12-18 22:27 | ふみよ丸の本棚 | Trackback | Comments(0)

偉大な作家からの贈り物

e0232776_2139421.jpg

昨日、わたしも願いをこめて1票。
しかし。。。

朝、無性にこの本が読みたくなった。

司馬遼太郎さんが、
21世紀に生きる子供たちに向けて
書かれた本。

わずか47ページの本ですが、
執筆に8年の月日を費やされたという。

続きを読む

by fumiyomal | 2012-12-17 22:55 | ふみよ丸の本棚 | Trackback | Comments(0)

秋の夜長〜♪

秋は夜の時間がとても素敵で、
本を読んだり、ブログを書いたり・・・、
何かと、こちょこちょやりたくなりますぅ。

今宵は、長田弘さんの『食卓一期一会』を久々に読んだ。
じゅわぁ〜ん と心にしゅんでくる。

続きを読む

by fumiyomal | 2012-10-01 23:23 | ふみよ丸の本棚 | Trackback | Comments(0)

中 庸

今『中庸』という本を読んでいます。

「天の命ずるをこれ性と謂う」という書き出しで始まっていて、
「性に率うをこれ道と謂う」と続きます。

天命である「性」(自分の個性)を発揮し、自分の「道」を全うしているか?
すなわち、自分らしく生きているか?ってことかな、と自分なりに解釈してみる。

続きを読む

by fumiyomal | 2012-06-28 00:39 | ふみよ丸の本棚 | Trackback | Comments(0)

お気に入りの洋書「Stewardess」

e0232776_84028.jpg

4月から人事異動で所属が変わって、10時30分出勤になりました。
だから、朝は優雅な時間を持てます♪

本をぴらぴら眺めてました。

続きを読む

by fumiyomal | 2012-05-07 08:57 | ふみよ丸の本棚 | Trackback | Comments(2)

リアル京都人

e0232776_23125912.jpg

自分の思っていることや気持ちって、ふわふわと雲のように漂っていて、
それを捕まえて、的確な言葉で表すのって意外と難しいです。

ところがこの本、「そうそうそうそう!」と、えらい盛り上がりました。
日頃思っていること、つまり京都人の常識がこの一冊に詰まっています。

続きを読む

by fumiyomal | 2012-02-02 00:15 | ふみよ丸の本棚 | Trackback | Comments(0)

いい本、みぃつけた

読書大好きです。
2日に一冊くらいのペースで読んでますぅ。
手元に、カバンの中に、ベッドの横に本がないと、なんか落ち着きません。

最近、空間をリセットしたくなって、そうじの本を何冊か読みました。
e0232776_2222427.jpg

私は、この本が一番良かったなぁ。
『人生がときめく片づけの魔法』 近藤麻理恵 著 (サンマーク出版)

続きを読む

by fumiyomal | 2011-11-25 22:45 | ふみよ丸の本棚 | Trackback | Comments(4)

古書に学ぶ 季節のよろこび

e0232776_8404527.jpg

古書を読むのが好きで、京都の街をぶらぶら歩いていると、
ついつい立ち寄ってしまう古書を扱う本屋さん。

私の場合は、日本文化を中心とした衣食住に興味が尽きません。

続きを読む

by fumiyomal | 2011-02-17 09:37 | ふみよ丸の本棚 | Trackback | Comments(2)