満足コース 5月〜10月

今年5月から行き始めた、
むそう塾満足コース。

特訓期間の半年が終了しました。

砥ぎも、桂むきも、刻みも、
以前の自分よりぐっと上達して、
嬉しい限りです。

またまたお料理が好きになりました。




『特訓』って、実は私好きです。

学生時代、部活は体育会系でした。

その時の特訓の記憶が、
キラキラした記憶として残っていて、
それとリンクするからかな?

私にとって特訓は、
ガムシャラに必死でやる!
という感じはありません。

「没頭する」って感じかな?

外からみたら、
どちらも同じように
見えるかも知れないけど、
心持ちが全然違います。

剥いてる感覚、
砥いでる感覚が、
鋭敏に伝わって来るようになって、

練習自体が、とても楽しくなりました。

なのでやり始めたら、
勝手に時間が過ぎていて、

ちょっとずつ…

ちょっとずつ…

出来るようになっていった!

みたいな感じです。

「よし頑張ろう!」 とか
「やらなければ!!」 って、

モチベーションを上げないと
出来ないことって、

実はやりたくないことだったりします。

上手になりたいけど、練習は嫌だ。
けど、上手くなりたいから頑張ろう!

つまり、
ゴールに到達したら楽しいけど、
その道のりはしんどい。。。

こういうマインドで物事をやるのは、
つくづく私には向いてないなって
思います。

中学、高校とテニス部、
大学はゴルフ。

スポーツに打ち込んできたけど、
練習か苦しいとか、
しんどいとか思ったことは、
そう言えば、一度もありません。

テニスが好きで、好きで、
しょうがなかったし、

ゴルフが面白くて
しょうがなかったから、

それが出来れば、
それでもう嬉しかった。

好きなことって、疲れないし、
やればやるほど
逆に元気が出てきます。

で、気がついたら上手くなってた。

それと似てました。

根性で突進して行くのが
向いてる人もいるけど、

私はそういうのは、
気持ちで負けちゃってあかん。

しんどそうな雰囲気に、
やる前から呑まれて、
疲れてしまうタチだから。

だから、一流になれないのね>by自分
という反省点はあるものの、

「雨垂れ石を穿つ」

そう、
あの水滴でさえ繰り返しによって、
石を穿つのです。

繰り返し反復は物事を成し遂げる

この自然界の秘密を、
体感した満足コースでした。


毎月、毎月、繰り返して、
同じ事を教えてもらえる
この満足コース。

段々出来るようになっていくのが、
ほんとーーーに、楽しかったです!

ご指導、ありがとうございました!!!

by fumiyomal | 2016-10-16 23:59 | むそう塾 (陰陽京料理教室) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://fumiyomal.exblog.jp/tb/24729506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]